ソーイングセットがま口

にわかにばらグッズの方が忙しくなってきました、
作品作りだけでなく、事務的なこと、例えばPL保険など、知らないことばかりで慌てております。
それから、認定品に貼り付けるロゴマークのシールを作ったりメールの返信などなど。。。
企業であれば事務など専門の人がやってくれるんだろうけど、、、
なにぶん個人の趣味なので(⌒-⌒; )
一人何役、大変です。

4月27日~29日、福山駅のさんすてでばらグッズ新認定のデビュー展が開かれます。
そこに出品予定のiPhoneケースの数をたずねられ、、、15~20点程度と答えてしまいました。
マジですか、私

( ( ̄ (ー ̄( ー ̄( ̄ー ̄( ̄ー ̄))


が、がんばります。


そんな中ですが。
先月に引き続き手作りの神が降りてきて、、、こんながま口を丸三日かけて作ってしまいました
画像

画像

変わった形でしょ?
マチが広くてコロンとしてて、口が180度全開します。
お医者さんのバッグってイメージ??? ←ダレスバッグというらしい。

生地はずっと使いたかったソーインググッズ柄。
画像

それに、チックタックルポで母に買ってもらったソーインググッズぼたんを柄に合わせてつけました。
これね、お店で見た時に浮かんだアイデア。と同時に、このがま口を作ろうと思いついた、まさに神降臨の瞬間~ヽ('ー`)ノ~
画像

画像

画像


なぜこの柄か。。。
それは中身が裁縫道具だから!

手作り会で学校に行く時に娘の裁縫箱を借りてたんだけど、
これがとっても使いにくい(-_-)
コンパクトなファスナーバッグに上手に詰め込んであって持ち運びには便利なんだけど。
取り出しにくいし、作業中は道具が出しっぱなしになってしまう。

裁縫箱はポンポン放り込める道具箱の役目も果たしてくれないとね。

その点、がま口は完璧♪
底を広めの革のマチにしたからガバッと開いて、開けっ放しでも立ったまま置いておける。
画像



それから、子がま口。
浅めのマチなしにしてピンクッションを付けました。
ここ針と糸切りばさみの定位置です。
子がま口の裏を革にしたので針が突き抜ける心配なし。
画像



この口金、いつもの親子がま口長財布と同じ物なんだけど、
型紙が変わるとこんなにも形が変わってしまいます。
画像


あと、本体自体の作りも変えてます。
長財布は子がま口とそれを挟む二つの袋、計三つの袋でできてるんだけど、
これは親がま口と子がま口の二つだけ。
親がま口の中を仕切らずにたっぷり物を収納したいから。

作るのもこっちの方がはるかに簡単。

まず子がま口を先に取り付け、、、
画像

あとから親がま口をはめるだけ。




おぉ~
簡単。
子がま口に蛇腹マチがなく、親がま口に仕切りがないだけで
こんなにも楽々だとは!
これなら倍のペースで作れるかもよ^ - ^





って、もう作らないれどね~


ではでは。
ばらグッズにもどります。





この記事へのトラックバック