S*H*U days

アクセスカウンタ

zoom RSS 手帳型iPhoneケース、iPhone4Sへの対応について

<<   作成日時 : 2011/11/08 15:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先月発売されたiPhone4S。
従来のiPhone4とほとんど形が変わらないのに、紛らわしいことに、マナースイッチの位置だけがほんの数o違うそうです。この数oの違いでいままでのiPhone4用のハードケースが使えなくなることも

私も今までiPhoneケースを作るときに数種類のメーカーのを使ってきましたが、それぞれボタン穴の位置やサイズが違っているので対応を急いでいるところです。

出品中の、iPhone4にしか使えないタイプを使っている作品はすべて回収し、iPhone4S対応型に取り替えています。

iPhone4S対応型は、本来iPhone4用に作られたものですがiPhone4Sにも装着可能であることを確認済みです。本来の穴の位置よりもマナースイッチが下方にずれていますが、操作に支障はありません。
このケースは底が白またはグレーの不透明になっていることと、iPhoneの表面よりわずかに縁が高くなっていて机の上に伏せて置いても液晶面が机に当たらないということからとても気に入っていたのですが、今後は残念ながら入手できなくなると思います。iPhone4をお使いの方にはこちらがおすすめです

画像

iPhone4に装着

画像

iPhone4Sに装着




iPhone4/4S型はどちらにも対応できるようにマナースイッチと音量ボタンの間の仕切りがなく、細長い切り込みになっています。機種の対応の心配をしなくてもいいという点では良いのですが、側面の露出が大きくなる点が心配です。
まあ、私のiPhoneケースではその辺りもしっかりカバーしてるから安心ですけどね

しばらくはiPhone4S対応型とiPhone4/4S型が混在した形になりますが、パーツショップの方が管理が楽なようにiPhone4/4S型にシフトしていくと考えられますので、私もそれに従う形になると思います。


ほんと、微妙すぎで困ってしまいます。
いちいち本体を装着してみないとわからないのですから。。。(わが家では、最近夫が4Sを買ったため、テストできてラッキーでした
いっそのこと、形から変えてくれたら見た目で判断が付くのに。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
手帳型iPhoneケース、iPhone4Sへの対応について S*H*U days/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる