アクセスカウンタ

<<  2011年9月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


【Creema】【和楽笑】親子がま口長財布 “ Perfume ”

2011/09/22 18:48
ハンドメイド・ソーシャルマーケット【Creema】さんと倉敷のギャラリー【和楽笑】さんに出品しました。

Creemaギャラリートップはこちら
作品ページはこちら

*****************************************************

オーダー分も合わせて3つ同時進行した親子がま口、一斉に完成しました。
それぞれ柄の出方が違うのですが、これはCreema出品作品です。

画像


車掌かばんと同じ香水瓶の麻綿生地。真ん中のトーションレースも同じです。

底はざっくりリネンから麻混のキャンバス地に変更しました。明るめの紫色です。

画像


中はこんな感じ。

画像

裏布は小花プリント、子がま口の内布はドットを合わせました。

カードポケット、子がま口など機能面の説明はこちらをご覧ください


3つ同時に作ると、途中なかなか進んだ感じがしなくて心が折れそうになりました
同時でも生地が違うと気分も変わるから平気なんですけどね。

次は何作ろうかな
記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


車掌かばん、試作しました♪

2011/09/20 15:20
「車掌かばん」と勝手に命名したこのがま口。
画像



娘が小学生の頃、広島までバイオリンを習いに通っていました。その時に乗った広電の市内電車で車掌さんが首から掛けていたのがこんな形。真っ黒い革製で、ガバッと開くと切符やバスカードやお金がいっぱい入ってる。片手でカードの販売や両替などを済ませて片手でパチッと閉める。中身がたくさん入ってるのに、閉じるととてもコンパクト。
いつか自分でも作ってみようと思ってじーっと観察&メモして、その後型紙を作りました。車掌のかばんを狙う変なおばさんだったかも〜

口金をつける前はこんなに大きな箱形なのですが、マチの形を工夫することで閉じるとコンパクトに。
画像

画像



180度近くまで口が開くので出し入れ簡単です。
画像



取り外し可能なコサージュも作りました。使った素材全部が麻混なので切り口がいい感じにほつれてます。
画像



反対側には大きめなポケット。
画像



アンティークな香水瓶や香水ラベル(たぶん)が描かれた生地。お気に入りです。
画像




これは試作品で、今私が使い勝手を試しているところです。やっぱりがま口バッグは便利
型紙を少し手直しすれば大丈夫そうなので、この秋〜販売用に作ろうと計画中です。



ところで、今、がま口が流行ってる? 
Creemaさんに出品中の親子がま口長財布が1ヶ月半で完売してしまいました。ありがとうございました


この生地、とても気に入ったので、これで親子がま口を3点作成中です。1つはマチ広めの特別オーダー品。あと2つはそれぞれcreemaさんと和楽笑さんへ納品予定です

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


バザー準備完了♪

2011/09/04 23:39
娘が通う学校はバサーの手作り品のレベルがとっても高い
まるで、腕に覚えのある作家さんが集まったハンドメイドイベント?という感じ。

それもそのはず、毎年数ヶ月前から手作り品の作成会が開かれ、いろんなジャンルの作品を大勢の保護者で愛情込めて生み出しているのです。役員さんが中心になって熱心に活動されているのですが、私のような手作り好きの普通の保護者有志も参加OKなので、今年も微力ながらお手伝いさせていただきました。

画像


今年はなぜか花が多いですね。
切りっぱなしの端切れで作ったコサージュ、オーガンジーとサテンの生地を縫い縮めて花びらから作ったコサージュ。
それから、チュールレースなどの巻きバラやオーガンジーなどで帽子をデコレーション。この帽子、元はダイソーの商品なんですよ〜 ちょっと加えるだけでグレードアップ、作った私もビックリです。
白いの、欲しい。。。 あ、作ればいいのか。
その他、写真にはないけどカチューシャとバレッタを数点、作りました。

自分で提供したのはくるみボタンの髪ゴムやぱっちんどめ、羊毛フェルトの針刺し、そして、特別に(?)ころころ羊のがま口を1点。誰か並んでゲットするって言ってくれてたけど…誰の手に渡るのかな
頼まれたら作るんだけどね…



みんなで作る過程では、いろいろ教えたり教わったり。
今回、巻きバラを数名の方と一緒に作りました。これ、自分で作るのと教えるのとは大違い! いつも指先の感覚だけで作ってるので、「こんな感じで」とか「ここをこうして」とか、、、 具体的な折り方とか巻き方とか縫い方とか意識したことないので。ホントに教えるのは難しいです…


オーダーで品物を作ったり、このように限られた材料で作ったりすると自分の手作りの世界がものすごく広がるのを感じます。自分では絶対にしないような素材の組み合わせにハッとしたり(↑赤黒の帽子は、他の方がネクタイからリメイクされたバラを自分なりに帽子の形にまとめました)、試行錯誤の過程で自然と勉強することがあったり。
そのすべてが自分の世界の幅を広げてくれると思うと感謝の気持ちでいっぱいです

明日で準備が終わり、あとは週末の本番を待つだけ。
役員でない私は当日お手伝いすることはないので、いろんな人に宣伝してみんなでお財布持って駆けつけていっぱい買い物するのが最後のお仕事ですね。人混みに負けないように頑張ろう(?)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2011年9月のブログ記事  >> 

トップへ

S*H*U days 2011年9月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる